国家資格をクリアしよう

自分に合う参考書を用意

参考書の選び方

本屋に行くと、電気工事士の試験対策になる参考書を見つけられます。
その中で、どれが最も自分に合うのか判断してください、
最初は、基本の知識を覚えられる内容のものが良いでしょう。
第2種電気工事士の資格は、基本をわかっていればクリアできます。
第1種電気工事士の資格に挑戦する場合は、基本を踏まえた上で応用の知識も習得してください。

独学は費用が安く済む面がメリットですが、わからない部分があった時に自分で答えを探し出さなければいけない面がデメリットです。
間違った答えを認識したり、答えを探すのに無駄な時間が掛かったりしないように気を付けましょう。
初心者でもわかるよう丁寧に説明されている参考書なら、正しい答えを把握できます。

継続することを意識しよう

勉強は毎日続けることで、知識を覚えることができます。
数日に1回、何時間も勉強したって効果を発揮できません。
それよりも毎日、30分でも良いので勉強してください。
中には働きながら、電気工事士の資格を獲得しようと考えている人が見られます。
仕事が忙しいと勉強する時間が限られてしまいますが、それでも毎日参考書に触れることをおすすめします。

そして昨日勉強した部分を読むだけでも復習になり、さらに知識を深めることに繋がります。
参考書選びに迷ったら、人気を調べるのもおすすめです。
実際にその参考書で勉強し、電気工事士の資格を獲得できたと言っている人が多いなら信頼できます。
評判の良い参考書を活用し、努力を続けましょう。


TOPへ戻る