未経験から電気工事士になるには

国家資格をクリアしよう

たくさん勉強して挑戦する

難しい工事なので、資格を持っている人しか担当できない決まりです。 そのため電気工事士になりたいという夢を持っているなら、第2種電気工事か、第1種電気工事士の資格を獲得してください。 最初は、第2種から挑戦しましょう。 次に第1種も得ると、仕事の幅を増やせます。

最初に取得すべき資格とは

電気工事士になるためには、資格が必要です。
資格には第1種電気工事士と第2種電気工事があり、第2種の方が難易度が低いと言われています。
そもそも第1種電気工事士の資格を獲得するためには、電気工事士としての経験が必要なので、いきなり試験に挑戦することはできません。
まずは第2種電気工事士の資格を得るために、勉強を開始してください。
試験は、筆記と実技技能テストがあります。

予算を抑えたい人は、独学で勉強してください。
電気工事士の試験対策になる参考書が販売されているので、それを見ながら大事なところをまとめていきましょう。
独学でも自分に合う参考書を購入し、勉強を続ければ試験をクリアできます。
コツは、勉強を毎日続けることです。
短い時間でも構いませんし、参考書を読む程度でも大丈夫です。
とにかく毎日勉強し、頭に知識を入れることを習慣にしましょう。
時々しか勉強しないペースでは、効率良く知識を吸収できません。

時間がない人は、通信講座を活用してください。
料金は独学の時よりも高くなりますが、問題用紙が渡されるので、それを解いていくだけで試験対策になります。
また講師に問題用紙を添削してもらうことも可能で、自分が本当に正しい知識を覚えているのかわかるでしょう。
もし間違っていた場合は、添削された部分をよく読んで見直してください。
通信講座を使えば自分の苦手な部分がハッキリしますし、そこを重心的に勉強できる面がメリットです。

自分に合う参考書を用意

一生懸命勉強すれば、独学でも電気工事士に必要な知識を入手できます。 そのために、参考書を購入してください。 重要なのは、自分に合うことです。 特にこれまで電気工事に関する勉強をしたことがない人は、わかりやすく説明されていることを条件に参考書を探しましょう。

効率の良い勉強が可能

スムーズに知識を習得したかったり、試験まで時間がなかったりする時は通信講座を使ってください。 費用は掛かりますが、大事な部分がまとめられた問題用紙が渡されるので、それを解くだけで試験対策に繋がります。 さらに問題用紙を送ることで、講師に添削してもらえます。

TOPへ戻る